Work&Money

細木数子の六星占術~水星人の性格~

細木数子さんの六星占術では、運命星別に性格が定められています。今年の運勢を調べる前に、ご自身の性格を把握しておきましょう。
そうすることで、より六星占術への理解が深まることと思います。
ここでは『水星人の性格』についてまとめていきます。水星人の方はぜひ参考にして下さいね!
「ご自身の運命星は何?」という方は、以下のリンクで調べてみて下さい。
→運命星の出し方はコチラ!

[スポンサーリンク]

  水星人の性格【細木数子の六星占術】

『自尊心が強い“初代運”の持ち主』
水星人は目上の人、特に父親との縁が薄いのが特徴です。そのため、家業を継ごうとしない、早いうちに実家を出るなど、ともすると自分一人で行動しがちです。何事も自分から始まる『初代運』の持ち主と言えるでしょう。
逆に、いつまで経っても親の援助を受けているようだと、本領が発揮できず、不本意な人生を送らなければなりません。
目上というと、会社の上司もそうです。上司のもとで仕事をしなくてはならない若い時代はなかなか実力を発揮できず、当然評価も低いままで甘んじることになります。それに不満を抱き、会社を途中で辞めてしまう人も多いようです。
しかし、そうした時期を乗り越え、40歳を過ぎた辺りから上司の監督を受ける場面が減ると、のびのびと仕事が出来るようになったり、素晴らしい結果を残すことも少なくありません。支店長、支社長といった、目上の人の視線を気にしないで済むような環境を与えられると、驚くほどの業績を残すことでしょう。そのため『晩年運』に大きく期待できるのが、水星人の特徴です。
目上の人からの援助を当てにしない所か、自ら断ち切るのですから、コツコツ努力を積み重ねていくことにかけては人後に落ちません。頭の回転も速く、集中力にも優れているので、マイペースで事が進められると、実力を発揮します。
ただし、親や目上との関係が薄いため、逆に子供や目下の人に対しては強い期待を抱く所があります。そのため、知らず知らずのうちに型にはめようとする傾向がありますが、人当たりがいいので信頼を損ねたりすることはありません。
自立心・独立心は旺盛なので、何事も人に頼らず、自分の処理していくエネルギーに恵まれています。その源泉になっているのが観察力・分析力です。直感力にも優れているので、臨機応変な対応に長け、それが世渡り上手という評価に繋がることもしばしばです。

[スポンサーリンク]

また、大きな障害にぶつかってもそれに屈せず、最後まで頑張り抜く粘り強さにかけては、他のどの星人にも負けません。
男女とも第一印象はクールですが、意外にソフトな一面もあります。また内面には、誰に何と言われても自説を曲げない頑固さ、また驚くほどの大胆さを秘めています。女性の場合は、結婚すると夫によく尽くそうとする人が多いのですが、性格の弱い夫を迎えると、全て自分で仕切るようになるでしょう。

水星人の方々は以上のような性格に心当たりはありましたか?
水星人の方は、他人から束縛されることのない自由な環境で本領を発揮するタイプ。
若い頃は何でも自分でやることから、反感を買うことはありますが転職や独立して、成功を収める『大器晩成型』な方が多いです。
他にも水星人の「恋愛・結婚・家庭」、「才能・進路・適正」についてもまとめましたので、ぜひご参照下さい!
※水星人の恋愛・結婚・家庭、及び才能・進路・適正については準備中です。
以上、「細木数子 六星占術 水星人の性格」についてでした。
<< 水星人の全体運・月運・相性運まとめ >>
→水星人プラスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→水星人マイナスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→霊合星人 水星人プラスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→霊合星人 水星人マイナスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→水星人プラスの月運やラッキーデイ、毎月の心構えは?
→水星人マイナスの月運やラッキーデイ、毎月の心構えは?
→水星人プラスの毎日の運気(日運)
→水星人マイナスの毎日の運気(日運)

・目次ページはコチラ!
・水星人まとめページはコチラ!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 細木数子の六星占術~土星人の性格~
  2. 細木数子の六星占術~天王星人の性格~
  3. 細木数子 六星占術 2017 火星人プラスの日運 早見表
  4. 細木数子 六星占術 2017 火星人マイナスの運勢
  5. 細木数子 六星占術 2017 霊合星人の火星人マイナスの運勢
  6. 細木数子 六星占術 2018 木星人の運勢・ラッキーポイント
  7. 細木数子 六星占術 2017 水星人マイナスの月運
  8. 細木数子 六星占術 2017 水星人プラスの月運

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP