Work&Money

細木数子の六星占術~金星人の性格~

細木数子さんの六星占術では、運命星別に性格が定められています。今年の運勢を調べる前に、ご自身の性格を把握しておきましょう。
そうすることで、より六星占術への理解が深まることと思います。
ここでは『金星人の性格』についてまとめていきます。金星人の方はぜひ参考にして下さいね!
「ご自身の運命星は何?」という方は、以下のリンクで調べてみて下さい。
→運命星の出し方はコチラ!

[スポンサーリンク]

  金星人の性格【細木数子の六星占術】

『エネルギッシュで、興味・関心は常に外に向く』
仕事でもプライベートでもパートナーに恵まれないことがあると、金星人は常に自分が全てを取り仕切ろうという気持ちで生きようとします。何事も人に任せる事が出来ないのです。
どんな時でも、自分にスポットライトが当たっていないと不満を感じます。そのため、日常生活は華やかで派手になりがちですが、だからといって金遣いが荒い訳ではありません。必要なお金は不思議とどこからか手に入るという、強運な一面も持ち合わせています。
いつも動き回っていないと気が済まないのも、周囲の目を意識してのことです。ジッとしている、休む、のんびりするといった言葉とはほとんど無縁。それだけエネルギッシュで行動力もあるのですが、その分落ち着きに欠けるのが『玉に瑕』と言えるでしょう。
周囲を煽るようなことを言っておきながら、いざという時に姿を消していたなどということも珍しくありません。それが「無責任」「いい加減な人」といった評価に繋がり、信望の厚さとなると今一つの感があります。
ただ、時代の動きや流行をキャッチする才覚は六星人の中でもずば抜けており、自分自身も常に最先端でいたいと思っています。ファッションセンスにも恵まれ、人付き合いもいいので、周りにはいつも人が集まってきます。異性から注目されない日は無いといってもいいでしょう。
社交性に秀でている一面、一人でいても楽しみを見つけることが出来るので、孤独になってもめげません。友達がいなくても、寂しさを感じたりすることはないでしょう。したがって、人生を楽しむ才に恵まれているとも言えます。

[スポンサーリンク]

自分を顧みるのは苦手です。その半面、伝統的なものに対する憧れ、尊敬心は強く、お墓参りや初詣などは欠かしません。
興味・関心がいつも外に向いているので、結婚してもなかなか家に落ち着かないのも金星人の特徴です。自由奔放に毎日を過ごしたいという思いが強いので、家族とのつながりはうわべだけという夫も少なくないでしょう。
女性の場合、家事・子育ては妻に任せ、夫は外で稼いでくるという伝統的な結婚生活には馴染めない所があります。家庭に収まり切らず、あちこち出掛ける妻も多いようです。

金星人の方々は以上のような性格に心当たりはありましたか?
金星人の方は、パワフルな面を持っており型にとらわれない柔軟な思考を持った方が多いようです。
「最先端を追及しつつ、昔ながらの伝統を大切にする」とう面も兼ね備えており、とても素晴らしい性格の持ち主と言えます。
他にも金星人の「恋愛・結婚・家庭」「才能・進路・適正」についてもまとめましたので、ぜひご参照下さい!
金星人の恋愛・セックスはコチラ!
金星人の才能・進路・適正はコチラ!
金星人の結婚・家庭はコチラ!
以上、「細木数子 六星占術 金星人の性格」についてでした。
<< 金星人の全体運・月運・相性運まとめ >>
→金星人プラスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→金星人マイナスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→霊合星人 金星人プラスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→霊合星人 金星人マイナスの全体運です!2017年のあなたの運勢は?
→金星人プラスの月運やラッキーデイ、毎月の心構えは?
→金星人マイナスの月運やラッキーデイ、毎月の心構えは?
→金星人プラスの毎日の運気(日運)
→金星人マイナスの毎日の運気(日運)

・2017年目次ページはコチラ!

・2018年目次ページはコチラ!
・金星人まとめページはコチラ!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. ブレグジットショックとは?年金・株価・為替への影響も合わせて解説…
  2. 細木数子の六星占術~火星人まとめページ~
  3. 細木数子の六星占術~霊合星人(火星人)の性格~
  4. 細木数子 六星占術 2018 水星人の運勢・ラッキーポイント
  5. 細木数子 六星占術 2017 霊合星人の火星人プラスの運勢
  6. 細木数子の六星占術~水星人の恋愛・セックス~
  7. 細木数子 六星占術 2018 火星人の運勢・ラッキーポイント
  8. 細木数子 六星占術 2017 天王星人マイナスの月運

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP