Work&Money

細木数子 六星占術 2018 火星人の運勢・ラッキーポイント

ここでは細木数子さんの六星占術で、火星人プラス・マイナスの方の2018年度の運勢について解説していきます。気になる方はここで無料でチェックし、書店で購入してみてくださいね!
運勢を確認する前に、ご自身の運命星、火星人の性格等を事前にチェックしておくことをオススメします。
まずはご自身の運命星をチェックしましょう!
→火星人の性格はコチラ!
火星人の恋愛・セックスはコチラ!
火星人の才能・進路・適正はコチラ!
火星人の結婚・家庭はコチラ!

[スポンサーリンク]

  火星人プラス2018年の運勢【細木数子の六星占術】

火星人プラスのあなたが、これから辿る12年間の運勢はザックリと決まっています。ここでは向こう3年間の運勢も合わせて解説していきます。
【2018年の運勢 『立花』】
自分の可能性を大きく広げることができるとき。周りの人のちょっとした言動をヒントに、他の人では思いつかないような大胆なアイデアで大成功することも。
【2019年の運勢 『健弱』】
自分を大事に出来ないとき。現実逃避の傾向も強まり、がむしゃらに何かに打ち込みたくなることも。ただし後々、自分のためになるものには縁がないので、深入りしないこと。
【2020年の運勢 『達成』】
あなたの魅力が最大限に輝くとき。どんな分野であってもその才能を存分に発揮し、頭角を現すことができそう。勉強でも仕事でも、これまでの努力が大きく花開くとき。

  火星人プラス2018年の運勢【細木数子の六星占術】

火星人マイナスのあなたも同じで、これから辿る12年間の運勢が大方決まっています。同様に、向こう3年間の運勢についても解説していきます。
【2018年の運勢 『緑生』】
徐々に実りが期待できるとき。一つのことに徹底して執着を持つとなおよし。どんなこともプロへの道を拓くきっかけとなるはず。心を開いて多くの人と接触していくのも開運の秘訣。
【2019年の運勢 『立花』】
自分の可能性を大きく広げることができるとき。周りの人のちょっとした言動をヒントに、他の人では思いつかないような大胆なアイデアで大成功することも。
【2020年の運勢 『健弱』】
自分を大事に出来ないとき。現実逃避の傾向も強まり、がむしゃらに何かに打ち込みたくなることも。ただし後々、自分のためになるものには縁がないので、深入りしないこと。

[スポンサーリンク]

  火星人のラッキーポイント

大殺界に突入し、運勢が悪くなっている場合こそ、ラッキーポイントを抑えるようにしましょう。これらラッキーポイントはいくら年を越そうと火星人固有で、変わることはありません。ぜひ参考にしてみて下さい。
【火星人プラスのラッキーポイント】
『月』・・・10、12、3月が幸運 / 5~7、1月が不運
『方角』・・・西北西、北、東が幸運 /南南東、南、南南西が不運
『異性との相性』・・・戌、子、卯年生まれの人が◎ / 巳、午、未、丑年生まれの人は×

【火星人マイナスのラッキーポイント】
『月』・・・11、1、4月が幸運 / 6~8、2月が不運
『方角』・・・北北西、北北東、東南東が幸運 /南、南西が不運
『異性との相性』・・・亥、丑、辰年生まれの人が◎ / 午、未、申、寅年生まれの人は×

【火星人共通のラッキーポイント】
『幸運なもの』・・・音楽、骨董品、アンティークの小物、本、アルコール、帽子。
『幸運な色』・・・水色、黒、灰色、黄が幸運を呼ぶ。タブー色=赤。
『幸運な場所』・・・山小屋、マンション、洞穴、ホテル、プール、海、バー、スナック、美術館。
『幸運なスポーツ』・・・スキー、スケート、スキューバ・ダイビング。
『健康運』・・・膣、陰嚢、子宮、痔など生殖器周辺に要注意。内臓にも病気の恐れがある。
『勝負運』・・・曇りの日や夜の勝負に強い。粘り勝ちが身上。カード運が抜群に良い。

いかがでしたでしょうか。今年の運勢を把握するのも大事ですが、翌年以降の運勢も頭にいれて行動するのも大事。ラッキーポイントを抑えつつ、幸運な日々を過ごすことを目指しましょう。

・目次ページはコチラ!
・火星人まとめページはコチラ!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 細木数子 六星占術 2017 天王星人マイナスの日運 早見表
  2. 細木数子の六星占術~火星人の才能・進路・適正~
  3. 細木数子 六星占術 2017 水星人マイナスの月運
  4. 細木数子の六星占術~金星人の結婚・家庭~
  5. 細木数子の六星占術~木星人の才能・進路・適正~
  6. 細木数子の六星占術~土星人まとめページ~
  7. 細木数子の六星占術~水星人の恋愛・セックス~
  8. 細木数子 六星占術 2017 金星人プラスの月運

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP