Work&Money

ブレグジットショックとは?年金・株価・為替への影響も合わせて解説!

イギリスのEU離脱により、引き起こされると考えられている経済恐慌。株価も為替も、今の自分の生活には直接関係ない、所詮は“対岸の梶”だ、そう思っている方も多くいると思います。しかし、ブレグジットショックは私たちの年金にも大きな影響を与える、と危惧されています。ブレグジットショックとは何なのかと合わせて年金・株価・為替について詳しく解説していきます。

[スポンサーリンク]

  ブレグジットショックとは?私たちの年金への影響

ブレグジットを英語で表すと”Brexit”となります。これは“Britain(英国)”と“Exit(退出)”を組み合わせた造語で、それら2つからイギリス現地などではEU離脱問題自体を“Brexit”と呼んでいたそうです。このことからブレグジットショックは、イギリスのEU離脱により引き起こされた世界不況のことで戦後70年以来の大きな経済的打撃であり、あのリーマンショック以上の大きな転換点を日本は迎えることになるのではないかと危惧されているほどです。
そしてこのブレグジットショック、株価・為替への影響は勿論ですが、年金への影響も危険視されています。それは、年金が2兆円以上目減りされたという事実です。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用する法的年金が日本の年金。安倍総理は政権交代後、37.8兆円の運用益を出したと主張している、そんな年金の積み立て金ですが、イギリスがEU離脱を決定した6月24日の一日だけで2兆2750億円目減りしたというのです。
目減りした理由として安倍政権は、年金を株式で運用していることに原因があります。このことについては、以前から猛烈に批判されていたのですが、それでも止めなかったのは政府が巨額の資金を運用することで株価誘導し、日本経済がうまくいっていると見せかけるため。今後さらなる年金目減りが加速してしまうのか、安倍政権の今後の対応が注目されています。

[スポンサーリンク]

  株価・為替への影響。意外とメリットもある?

株価・為替への影響としては、皆さん周知の通り英国のEU離脱が決まった瞬間に不可解なほどに株価は乱高下し、為替の円高も急加速していてデフレが心配されています。このようにデメリットしかないように思われますが、こちらでは今回の離脱による株価・為替のメリットについてまとめていきます。株価について、まず考えられるのは解散(倒産)価値割れ。報道によると、企業が倒産した方が株主が儲かる位まで株価が下がっているそうで、急に株価が下がったからといっていきなり株を売り注文するのが一番損するそうです。いずれにしても今後の動向次第と言えます。
また為替についても、日本円が最強通貨になるのでは、と考えられています。このまま円高が急伸していくと考えれば、言わずもがな円の価値が高い時に外国通貨に代えておいたり、輸入品を買ったり海外旅行に行ってみたりと少し贅沢もできますね。
以上のように、ニュースで如何にも危機的状況と言われていますが、冷静になると意外とメリットも多くあります。しかし年金についてはデメリットしかありませんが・・・。今後の世界情勢に注目ですね。

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 株式優待【7月権利確定日】ランキング!人気のおすすめ4社を紹介!…
  2. Tポイントを無料で貯めるコツ・裏技を大公開!ポイントが今よりもっ…
  3. 株式優待【6月権利確定日】ランキング!人気のおすすめ10社を紹介…
  4. 株式優待【8月権利確定日】ランキング!人気のおすすめ15社を紹介…
  5. 株式優待【5月権利確定日】ランキング!人気のおすすめ4社を紹介!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP