Movies&TV

君の名は。映画の感想と評価!新海誠が紡ぐ唯一無二の世界観!

2016年8月26日から全国東宝系にて公開の「君の名は。」神木龍之介・上白石萌音が主人公・ヒロインの吹き替えを務め、『言の葉の庭』などのアニメーション映画を多く作り出した新海誠氏が映画監督を務めます。今回は映画の感想・評価を中心にまとめます。今後、映画を見に行くかどうか迷っている方はぜひ参考にして下さい。

[スポンサーリンク]

  「君の名は。」映画のあらすじと見どころを紹介!

1000年に一度の彗星来訪が1ヶ月後に迫ったある日、田舎町の女子高生・三葉と東京の男子高校生・瀧の心と体が入れ替わる!
『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』などの作品が国内外で注目されている新海誠監督の新作は、こんなファンタジックなシチュエーションから幕をあけます。
しかし、そこで描き出されているのは、今を生きる若者たちのリアルな息遣いと心の揺らぎ。RADWIMPSの主題歌と共に疾走する青春ストーリーは、やがて驚きの展開と共に壮大なクライマックスへと突入していきます。
笑いの後に優しい涙が頬を伝う今回の映画は、新海ワールドの集大成とも言える極上のエンタテイメントと言えるでしょう。瀧と三葉が入れ替わった後の「奇妙な交流」が見どころと言えます!
<<登場人物>>
立花 瀧 (声:神木龍之介)
東京の都心に暮らす男子高校生。建築や美術に興味を持ち、楽しい日々を過ごしていたが・・・。
宮水 三葉 (声:上白石萌音)
田舎町に住む女子高生。家系の神社の風習などに嫌気が差し、東京に強い憧れを持つ。

[スポンサーリンク]

  「君の名は。」映画の感想と評価!

映画ライターのイソガイマサト氏は以下のような感想・評価を出しています。
「従来の新海作品と同様に、美しい映像と実写のような描写に息を飲みました。瀧役の神木龍之介君と、三葉役の上白石萌音の声は生っぽく、入れ替わりのシーンでは思わず爆笑してしまいました。」
また以下のようにも語っていました。
「新海誠監督が創造する唯一無二の世界観に感動しました。色彩と言葉の美しさで魅了する監督の世界観と作画を務めた安藤雅司氏の繊細な描写に、さらなる感動を呼び起こされること間違いなしだと思います。」
また、映画の予告を見た一般の人も「早く映画を見たい」、「映画館に行って見てみたくなった」という方多数でした。
しかし、中にはこんな声も。
「神木龍之介はサマーウォーズでも主人公をやっていたが、役に合っていなく下手だった印象がある。今作のキャラに合った吹き替えが出来るかが心配」
確かに!吹き替えの方が下手だと映画の世界観にのめり込むことが出来ず、冷めた気持ちで映画を見ることになってしまいますからね。
今後映画を見て色々な感想・評価を持つ方が出てくると思います。その度に随時、こちらで更新していきますね!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. おんな城主 直虎の子役は誰?新井美羽・藤本哉汰・小林颯に注目!
  2. 山田涼介、月9でヒロインとのキスシーン有の可能性大!ファンの心中…
  3. NHK大河ドラマ2017のキャスト相関図~おんな城主 直虎の出演…
  4. 斉藤アリスが“今夜くらべてみました”で自宅と私生活を大暴露!将来…
  5. 貴族探偵【ドラマ】のキャスト相関図!ラブシーンはあるのかも詳しく…
  6. 好きな人がいること~相関図・舞台・撮影場所について~
  7. [嵐にしやがれ]小池栄子と“とろっとろグルメ”デスマッチ!!
  8. [2016夏ドラマ]暫定カレンダー~今後の放送予定と日程~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP