Event&Travel

【としまえんプール】持ち込み・テント場所取り情報!~水と緑の遊園地~

東京都の練馬区にある『としまえんプール』について、飲み物やお菓子の持ち込み・テントによる場所取りは行っても大丈夫なのかをまとめていきます。新宿から約20分、ぜひ足を運んでとしまえんプールで“夏はじめ”をしましょう!

[スポンサーリンク]

  持ち込みOK!とNGなもの一覧

基本的に持ち込みNGなものはアルコール類、ガラス製ビン、シュノーケル、フィン、水中マスクなどです。プール内での喫煙は禁止ですが、喫煙所があるのでタバコの持ち込みはOKです。
次に持ち込みOKなものを一気に紹介していきますね。基本的に飲食物(飲み物・弁当・お菓子)の持ち込みは全てOK!ただし、一部レストラン(「レストランカリーノ」以外のレストラン)には持ち込みできないのでご注意を。
夏場はお弁当など、暑くてすぐにダメになってしましますよね。飲食物の置き場所に困っている方は、ロッカールームを使いましょう。一番小さいタイプで300円から利用可能で、当日中は何度も開け閉め自由。冷房もしっかり効いているので、飲み物や冷房の保管場所に最適です。
浮き輪はやゴーグル、ビーチサンダルはもちろんOK。また日焼け対策には必須の帽子・日焼け止めクリーム類もOK、必ず持参するようにしましょう。
また女性の方は、更衣室に「ドライヤー」があるかどうかも気になりますよね。ロッカーエリアに10台ほどあり、無料で利用できるとのことなので持ち込む必要はないと思います。
また小さなお子さんをお連れの方で、「ベビーカー」を持ち込みたいという方もいることと思います。過去にプールに問い合わせた人がいたようで、その人曰くOKとのことでしたので心配無用です。
備えあれば憂いなし、女性の方は上記に挙げた持ち込みOKのものを参考にして必要なものを持参すれば、楽しく快適に過ごせること間違いなしです!

[スポンサーリンク]

  テント場所取り情報!

テントの場所取りにおいて、一番人気となるスポットは日陰エリア。そこで大事となってくるのは、テントの種類です。ワンタッチテントやサンシェードテントといった簡単に組み立てができ、小さめのものがおすすめ。大きくて、組み立てに手間取るタイプのものだと場所取りの際に困ることになります。テントがなければ日傘やパラソルで代用しましょう。
また、強風時はテント類の使用が禁止となります。その時の対策として、レジャーシートを使用しタオルで直射日光を防ぎましょう。日傘の使用もおススメです。
ベストな位置を確保したいという方は、開園後すぐに入場しましょう(開門時間は9時と10時の場合があるので注意)。開園したら、着替えをせずにまず場所取りを!
日陰エリアは旧飛び込みプール周辺の木陰、もしくは流れるプールの円の内側(壁際)。特に流れるプールの内側は、一番暑い午後になると日陰になる一番人気なエリア。
駆け足で場所取りすることとなると思うので、ビーチサンダルを履いて目的エリアへ直行しましょう(プールサイドはサンダル以外禁止なので注意)。
どこの場所でもいいよ、という方は開園後でも十分間に合います。あまりのテントの数に最初は圧倒されることと思いますが、よく探せばテントを設置できる箇所はありますのでご安心を。
プールへ向かう当日は、時間に余裕をもって怪我に気を付けて場所取りしてくださいね!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. [おいでん祭り]花火の場所取り時間、中止の際の注意事項!
  2. 【森のビアガーデン】アクセス・駐車場情報!信濃町駅から徒歩5分!…
  3. 【長岡花火大会】右岸・左岸どちらがおすすめ?違いを徹底解説!
  4. 【表参道イルミネーション】ディズニーと赤色LEDの場所はどこ?~…
  5. 城崎マリンワールドの混雑状況と料金割引を受ける方法一覧!
  6. ジブリの大博覧会【六本木】混雑状況と予約の有無。愛知・新潟の場合…
  7. 【横浜イルミネーション】冬のデートプラン・穴場を一挙紹介!
  8. 銀座のお土産で人気!おすすめしたい厳選8品~新商品から隠れた銘品…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP