Event&Travel

談山神社 紅葉の渋滞・混雑状況!駐車場が満車になる前に到着しよう!

大化の改新で有名で「関西の日光」とも呼ばれている談山神社は、毎年紅葉やライトアップの時期になると多くの人で賑わい、渋滞・混雑必須人気エリアとなっています。
あまりにも渋滞と混雑がひどくて、駐車場が満車で泣く泣く帰宅、とならないための注意事項や体験談をまとめましたのでぜひ参考にして下さい。

[スポンサーリンク]

  談山神社は抜け道なし!渋滞対策をしっかり行おう!

最寄りの駅から談山神社までは約9kmも離れており、多くの方は電車でなく車を使って行くことと思います。
談山神社までの道はほぼ一本道で、信号もほとんどない農道がひたすら続く、普段は渋滞とは無縁の道路となっています。
しかし、11月に入り紅葉シーズンに突入すると、嘘みたいな大渋滞が発生します。その原因が「談山神社への抜け道がない」ため。一番ひどい時だと、平気で2時間以上かかったりもします。
また田舎道であることから、目的地までコンビニや休憩所などは一切無し。なのでトイレで用を足したり、飲食物を購入したりといったことが出来ません。
以上より、出発前の渋滞対策として以下のことを行うようにしましょう。
・前日は夜更かしせず、早めに就寝する
・出発前にトイレを済ませておく
・水分補給は極力控える
・朝早く出発する
渋滞に巻き込まれると予想以上に体力が消費されます。紅葉を楽しむためにも、渋滞対策をしっかり実践するようにしましょう。

[スポンサーリンク]

  例年の注意事項、混雑・渋滞回避法まとめ

例年の混雑状況としては、紅葉シーズンとライトアップが重なる「11月の第二土曜日から第四日曜日」にかけては、ほぼ必ずと言っていいほど大混雑します。
特に土日や祝日で連休になると、駐車場は朝の8時の段階「ほぼ満車状態」になることもよくあるそうです。
渋滞・混雑回避にはやはり朝の早い時間帯に到着していること。
観光バスやシャトルバスのツアー客のほとんどは、お昼の12時前後に到着するということでお昼頃から一気に混雑し始めます。
また、バスのために談山神社への道は例年「交通規制」が敷かれるということで、「神社まで残り5kmなのに1時間かかった」ということを毎年ツイートする方も多数います。
万が一、談山神社の駐車場が満車となり車を停められない場合は、談山神社から約6kmと一番近い「岡寺門前駐車場」に駐車し徒歩で移動するか、歩くのが大変という方は面倒ではありますが橿原神宮前駅周辺に駐車場がいくつかあるのでそこに車を置き、バスで談山神社へ向かうことをおすすめします。
普段は1時間に1本ほどしかバスが走ってないのですが、紅葉シーズンになると臨時便も運行するので何時間も待たされる心配はないかと思います。
バスで行くことにならないためにも、何より「朝早く行く」ということが一番大事です。当日はしっかりとした対策の上、足を運ぶようにしましょう。

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 【ウルトラジャパンの服装】女子の定番コーデまとめ!
  2. 鍋フェスの値段が高い?日比谷を始め大阪・名古屋で開催!
  3. 濃溝の滝のアクセス【電車・高速バス】~神秘的な滝を堪能~
  4. 天神祭花火の穴場情報[京橋・天満橋・梅田]!大阪の夏祭りを満喫し…
  5. 淀川花火大会の穴場[西中島南方・新大阪]を地図で確認!~なにわの…
  6. 川崎ハロウィンのパレード時間・ルートと参加方法について!
  7. 東京でワインを立ち飲みできる、女性におすすめしたい店4選!
  8. 【川崎大師の初詣】深夜・夜中は何時まで参拝可能?夜の混雑状況を解…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP