Event&Travel

高尾山 紅葉の混雑状況。平日と休日ではこんなに違う!

都心から近く、紅葉シーズンに合わせてイベントやお祭りも開催されることから、毎年多くの人で賑わう高尾山の紅葉。足を運ぶなら断然休日でなく、平日がおすすめ
何の対策も無しにシーズン中の高尾山へ行くと痛い目に遭うことと思います。例年の混雑状況や混雑回避法について、詳しくまとめましたのでぜひ参考にして下さい。

[スポンサーリンク]

  高尾山へのアクセス・シーズン中での注意点!

毎年、高尾山では紅葉シーズンに合わせて11月1日~11月30日まで「高尾山もみじまつり」が開催されます。
また土日祝日には、「東京こけし」の実演や枡酒の販売など各種イベントが開催されるため、混雑必須となっています。
なので紅葉のシーズン中は、車で行くと大変。大渋滞に巻き込まれ、高尾山に辿り着くのも帰宅時も一苦労。
※シーズン真っ只中だと、JR高尾駅から京王高尾山口駅まで車で1時間もかかるそうです。(電車だと乗車時間3分)
なので強く電車で行くことをおすすめします。
都心から高尾山の最寄駅である高尾山口駅へ電車で向かう場合のルートは以下の2通りとなっています。
・京王線:新宿、高尾山口間 最速47分
・JR中央線:新宿、高尾山口間 特別快速44分、快速58分
※京王線を利用する場合は「高尾山きっぷ」を使うと、ケーブルカーの乗車券とセットで割引となるのでお得。

また、山頂にて景色を楽しみつつ昼食を摂る方が多いと思うのですが、山頂の売店は毎年「長蛇の列」が形成され、食べ物を購入するだけで一苦労のようです。
事前にお弁当等を持参することをおすすめします。

[スポンサーリンク]

  平日と休日の混雑状況と混雑回避法

どうしても人ゴミを避けて紅葉を楽しみたい、という方は12月に入ってから高尾山へ行きましょう。
※毎年12月中旬までは紅葉を楽しめます。
一番はケーブルカーが動き出す、朝8時前に到着し登り始めていること。やはり朝早い時間帯は人も少なく、ストレスなく紅葉狩りを楽しめます。
また、ケーブルカーに乗りたいという方は整理券を利用しましょう。
特に「下り」が混むそうなので、山頂に着いたらまず下りの整理券を確保し、それから紅葉を楽しむようにしましょう。
混雑状況の指標として、シーズン中における平日および休日でのケーブルカー・リフト下りの待ち時間を掲載します。
・平日:最大40分待ち
・休日:最大1時間半待ちで1時間位は当たり前
特に休日はあまりにも混雑がひどく、駅まで来たが帰宅したという方もいるほど混みます。出来れば有休をとって平日に足を運ぶようにしましょう。

一番の混雑回避法は『徒歩で山頂まで登り、徒歩で下る』こと。高尾山には、40分で山頂に着く初心者用の道から、1時間半ほどで着く上級者用コースまで、7つのハイキングコースが用意されています。
各コースにトイレやカフェ・休憩所が用意されており、仏舎利塔や薬王院など歴史を楽しむ建築物も多くあります。
例年は『表参道一号路』が一番人気で舗装もされているので、初めて登る方にはおすすめです。
紅葉狩り当日は、紅葉を思う存分楽しめるようしっかりとした計画の上、足を運んでくださいね!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. カービィカフェ東京はいつからオープン?メニュー・予約情報も掲載!…
  2. 猪名川花火大会の穴場!車で五月山に行くのがおすすめ!
  3. 青の洞窟【渋谷】の混雑状況と点灯時間。料金無料で青のイルミを堪能…
  4. 【表参道イルミネーション】ディズニーと赤色LEDの場所はどこ?~…
  5. 【富士サファリパーク混雑予想】夏休みと7月・8月の土日が特にヤバ…
  6. 【チーズ専門店】大阪・梅田に新オープンの人気”2選”を紹介!
  7. 神宮花火大会の穴場!代々木公園と明治公園が無料で楽しめお得!!
  8. [おいでん祭り]花火の場所取り時間、中止の際の注意事項!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP