Event&Travel

下鴨神社ライトアップの混雑・屋台情報!8月はイベントも開催!

京都の最強パワースポットでもある京都の下鴨神社。2016年度は初の試みで“チームラボ”とコラボし、神秘的なアート空間を創造し、例年と違ったライトアップが楽しめるとのことです。そこで気になるのが混雑状況と屋台出店情報!8月はイベントも開催されるとのことで、かなり混雑しそうです。

[スポンサーリンク]

  下鴨神社ライトアップの混雑状況!

下鴨神社にて、ライトアップされる場所は以下の2か所となっています。
・糺の森参道沿い(呼応する木々):無料
・楼門内(呼応する球体):500円(有料)
運営側も事前の混雑対策として、「混雑時の入場規制、公共交通機関のみでのご来場」等の対策を取っています。
ライトアップの開催期間は8/17(水)~8/31(水)の2週間のみ。そのうち、500円で入場できる「呼応する球体」の開催は17日(水)と土日のみ
なので、実質「呼応する球体」のライトアップを見るチャンスは5日間のみとなっています。楼門内に入場できる人数に限りがあることも考えると、「呼応する球体」は混雑必須だと思われます。
開館時間は18:00~21:30と短く入れ替え制などの、混雑緩和のための対策は行われないそうなので、せっかく足を運んだのに楼門内に来場できない可能性があるかもしれません。
確実に入場するには、少なくとも17:30より前には会場で待機しておきたい所です。
アクセス:出町柳駅から徒歩12分
<<更新情報>>
下鴨神社ライトアップが開始され3日経ちましたが、京都なのにこんなにも混雑するのか!という位人で混み合っているとのことです。また、バスや電車といった公共交通機関もおしくら饅頭状態で、「呼応する球体」が行われない日でも入場を待つ人で長蛇の列が形成されていたようです。

[スポンサーリンク]

  下鴨神社ライトアップの屋台出店情報!

ライトアップと共に屋台や露店などで美味しい食べ物なども食べたいですよね。7月下旬に行われた「御手洗(みたらし)祭」でも、多くの屋台が出店しました。
みたらし祭では神社の境内にて、たこ焼き屋さんや焼きそば等の定番屋台はもちろん、地元の八百屋さんや青果店などが出店しました。
また“みたらし団子”はその名前の通り、このお祭りで販売されたことが発祥とのことで、美味しいお団子屋さんも出店するとのことです。
8月17日から行われるライトアップでは、このような屋台の他にも「チームラボ」とのコラボということで、限定ショップが開かれる可能性もあります。
このように色々な屋台が出店する可能性もありますが、一つも露店が開かれない場合もあるかもしれません。
というのも、”みたらし祭”で屋台が出店された場所が「神社の境内」ということで、「呼応する球体」のライトアップ場所と重なる場所が出てくるからです。
幻想的なアート空間を作り出すため、屋台等は一斉出店しないかもしないということも、頭の片隅に入れておきましょう。

世界遺産に登録される下鴨神社での幻想的なライトアップ。夏休み最後の思い出に、ぜひ足を運んでみて下さい。

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. カービィカフェ東京はいつからオープン?メニュー・予約情報も掲載!…
  2. 【川崎大師の初詣】深夜・夜中は何時まで参拝可能?夜の混雑状況を解…
  3. 隅田川花火大会の穴場[南千住・曳舟]!口コミ場所取り情報まとめま…
  4. 【フジロックの服装】レギンス・雨対策は必須!靴は滑りにくいものが…
  5. 【ナイトプール2016】東京・大阪のカップルおすすめ『4選』を紹…
  6. ジブリの大博覧会【六本木】混雑状況と予約の有無。愛知・新潟の場合…
  7. 天神祭花火の穴場情報[京橋・天満橋・梅田]!大阪の夏祭りを満喫し…
  8. ウルトラジャパンのチケット倍率は?転売・オークションから購入が確…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP