Event&Travel

【濃溝の滝】ハート型の水面が見られる時間帯・おすすめ観光時期とは?

千葉県君津市にあり、都心から1時間程度で行ける“濃溝の滝”。季節や気候、時間帯によって表情を変化させる、美しく神秘的な滝として、インスタグラムで話題となりました。まるでジブリの世界に迷い込んだような秘境を見ることが出来ます。今回は観光するのに適した時期、ハート型の水面が見られる時間帯についてまとめていきます。

[スポンサーリンク]

  ”濃溝の滝”観光に適した時期はいつ?

バスツアーの時期によると、観光に適した時期は春から9月頃、時間帯は晴天で水量の少ない朝からお昼頃までとなっています。濃溝の滝は、大きく迂回していた川を人工的に掘り出した洞窟の中を通した人工瀑。
そこから綺麗に光が差し込むのが春から9月頃で、しかも朝からお昼までの時間帯という訳でオススメしていると思われます。また、撮影に行く方は「3月のお彼岸過ぎと、9月のお彼岸過ぎの朝6時半から7時半頃まで」が適しているとのことです。
しかし、濃溝の滝のすばらしさは洞窟からの光だけではありません。春夏秋冬、季節に合わせて様々な表情を見せてくれます。例えば新緑の季節“春夏”には、苔生した岩肌を清流が洗い流す風景が見られます。
山萌ゆる“秋”には、鮮やかな紅葉が滝を彩ります。雪ぶかき“冬”には、静寂の中に浮かぶ日本の原風景に思い浸ることができます。
長年、濃溝の滝に通い詰めている方にとっては、逆に“秋冬”にこそ濃溝の滝の良さが詰まっているといいます。色鮮やかな紅葉が水面に映り、真っ白な雪と黒の岩肌のコントラストが見どころだと言います。ぜひ一度は行ってみたいスポットですね。

[スポンサーリンク]

  ハート型の水面が見られる時間帯・時期とは?

“濃溝の滝”の中でも特におすすめしたい絶景が『ハート型の水面』です。これはある時期・時間帯にしか見ることが出来ないといいます。その時期というのが、3月と9月で洞窟から光がきれいに入る朝から午前中の時間帯だと言います。
濃溝の滝のハートを目当てに、9月は混雑必須の観光地になるかもしれませんね。そのハート型の写真というのが以下の写真です。
濃溝の滝 ハート
洞窟に入る光が水面に映り、ハート型を作っているのがわかります。先ほど説明したように、3月と9月にしか見られない絶景ですが、今の時期でも多くのカップルが訪れていると言います。
中には、濃溝の滝が山の中にあって女性の方の中には、目的地まで体力的にたどり着けるか不安、と言う方もいることと思います。しかし、その点に関しては心配無用。観光地用に歩道がしっかり整備されているということで、特別な用意無しで、普段通りの格好でも大丈夫とのことです。
濃溝の滝は単なる観光地ではなく、恋愛のパワースポットとなるかもしれませんね。ぜひカップルの方に行ってほしいスポットでした!

<関連記事>
“濃溝の滝”のアクセス【電車・自動車別】と駐車場情報!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 淀川花火大会の穴場!吹田・中津が無料で観覧できお得!!
  2. 【森のビアガーデン】アクセス・駐車場情報!信濃町駅から徒歩5分!…
  3. 川崎ハロウィンのパレード時間・ルートと参加方法について!
  4. ひらかたパーク プールの場所取り!パラソル・日陰エリアを図で解説…
  5. 【ロックインジャパン】テントの場所取り・時間帯の注意事項!~日本…
  6. 江戸川花火大会の穴場【国府台・篠崎公園】を地図で確認!
  7. 猪名川花火大会の穴場!車で五月山に行くのがおすすめ!
  8. 高尾山 紅葉の混雑状況。平日と休日ではこんなに違う!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP