Event&Travel

【長岡花火大会】右岸・左岸どちらがおすすめ?違いを徹底解説!

全国的に有名な日本三大花火大会の一つとも言われている長岡花火大会。毎年8月上旬の2日間に渡って開催されます。長岡花火大会に足を運ぶ人は例年100万人とかなり大勢いるので、混雑状況や観覧場所など気になる方は沢山います。今回は長岡花火大会の右岸・左岸どちらがおすすめで、交通状況、花火の見え方までその違いを徹底解説していきます。

[スポンサーリンク]

  右岸・左岸での花火の見え方の違い、どちらがおすすめ?

長岡花火は信濃河畔の広大な敷地で花火を打ち上げるため、信濃川を挟んだ右岸・左岸で花火を観覧する形となり、どちらも見え方が違います。それぞれどのような特徴があるのか、箇条書きでまとめていきます。
<右岸>
・左岸に比べ、花火の全景を楽しめることができ、川面に写る花火も見ることができロマンチックになれる。
・三尺玉やフェニックスを見たい方は右岸が断然おすすめ。
・大手通りは歩行者天国になっているので、場所取りに失敗してもそこから花火が観覧できる。
<左岸>
・打ち上げ場所が左岸なため、右岸に比べ花火の迫力を肌で感じることができる。圧倒されること間違いなし!
・ナイアガラやスターマインを重視される方は左岸が断然おすすめ。
・打ち上げ会場なだけに、かなり混雑するのがネック。場所取りが難しい。
まとめると、花火全体を楽しみたいなら右岸、花火の大迫力を感じたいなら左岸となります。しかし、左岸は場所取りの際の開場時間が15時からと決まっており、会場となると皆が階段を駆け下りる形となるので大変危険。右岸の場所取りも難易度高めです。なので、子連れの方や家族で来られる方は有料観覧席をおすすめします。有料観覧席は全て指定席で、予約さえ取れれば当日は慌てることなくゆっくり会場入りできます。毎年5月1日からインターネット・はがきで予約受付をしていますので、ぜひ確認してみてください。

[スポンサーリンク]

  右岸・左岸での交通状況比較

まずは車で来場した際の、左岸での混雑についてまとめていきます。例年左岸の駐車場付近から長岡ICの混雑は、ICに辿り着くだけで3時間弱もかかってしまい尋常ではありません。車がまったく動かない状態となってしまいます。左岸の場合は抜け道がないため、どの道を選択しても長岡ICに接続する8号線にぶつかってしまい、合流場所での信号付近で大渋滞が発生してしまうからです。
なので車で来場する方には右岸がおすすめです。右岸の場合は、長岡東バイパス・旧8号線と“抜け道”が結構多いです。なので左岸に比べると、混雑は避けることができます。8号線を避けた迂回ルートで長岡ICの一つ手前のICを目指すことで渋滞をより避けることができ、おすすめの帰宅ルートです。
電車で来場する場合は、どちらもJR長岡駅が最寄り駅となっています。徒歩で20分ほどの距離で右岸の方が近いです。電車の場合も右岸がおすすめで、理由は大手大橋が不発弾の花火の処理のため、22時まで通行禁止となり、一番電車が混む時間帯にしか帰宅できないためです。交通規制と混雑状況次第では、電車の時間に間に合わない年もあるそうです(※帰宅時の混雑により、徒歩1時間以上はかかってしまうため)。あまりにも長岡駅までの道のりは困難な場合は、右岸は北長岡駅、左岸は来迎寺駅を利用するのもありです。
右岸・左岸での交通状況を比較すると、左岸で花火を見るにはそれなりの覚悟が必要となります。以上より総合評価では、右岸がおすすめと言えますね。当日はしっかり予定を立てて、足を運ぶようにしましょう!

<関連記事>
長岡花火2016のホテル予約・空室情報!屋上から見えるおすすめ宿泊先を紹介!!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 東京ディズニーシー(TDS) 隠れミッキーの場所・見つけ方を紹介…
  2. 川崎ハロウィンのパレード時間・ルートと参加方法について!
  3. 談山神社 紅葉の渋滞・混雑状況!駐車場が満車になる前に到着しよう…
  4. 神宮花火大会の穴場【恵比寿・新宿高島屋】を徹底Check!外苑で…
  5. 下鴨神社ライトアップの混雑・屋台情報!8月はイベントも開催!
  6. 餃子フェス【中野】の値段が高い!ぼったくりで肉フェス同様評価が低…
  7. 銀座のお土産で人気!おすすめしたい厳選8品~新商品から隠れた銘品…
  8. 【川崎大師の初詣】深夜・夜中は何時まで参拝可能?夜の混雑状況を解…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Posts

Event&Travel

Today's Ranking

【イナズマロックフェス】駐車場・車でのアクセス情報!~滋賀県最大の音楽イベント~

琵琶湖の水質保全と地域復興を目的に始められた「イナズマロックフェス」。今年で8回目の開催を向かえ、会…

[博多山笠]“ふんどし少女・女性の参加“が議論の的になっている!?

博多祇園山笠は毎年7月1日から15日にかけて開催される、700年以上の伝統のある祭。その中でも近年、…

神宮花火大会の穴場!代々木公園と明治公園が無料で楽しめお得!!

神宮外苑花火大会は、東京都新宿区で開催される、日刊スポーツ主催の花火大会。元々は、東日本大震災の復興…

女性・初心者のための体幹トレーニングメニュー!図解付きで詳しく紹介!!

“体幹”とは胴体部分のこと。体幹を整えるには背骨を支える筋肉を鍛えることが不可欠であり、体幹の筋肉を…

[森のビアガーデン]予約状況、雨天時注意事項!雨の日はテント席がおすすめ!

出典:http://mbg.rkfs.co.jp/毎年夏に明治神宮外苑の児童遊園内に現れる森のビ…

飲むお酢の効果・効能。ミツカンのお酢が手頃で飲みやすくおすすめ!

「酢は体に良い」というのは、もはや誰もが認めるところ。1日に大さじ1~2杯(15~30ml)程度とい…

六義園【お花見・桜】の混雑状況!平日昼間が混雑回避にオススメ!

東京のお花見では人気No.1スポットの六義園庭園。第5代将軍・徳川綱吉の信任が厚かった川…

お台場イルミネーションデート!冬の鉄板プランはコレで決まり!

キラキラ輝くクリスマスイルミが海や高層ビル、夜景とマッチして一年で一番ロマンチックになるお台場。お台…

グリーンコーヒー・ミラクルスリムの評判と口コミ。購入時には注意が必要!

グリーンコーヒー・ミラクルスリムの評判と口コミについてまとめていきます。購入を考えている方には、ぜひ…

【横浜イルミネーション】冬のデートプラン・穴場を一挙紹介!

普段から夜景の名所として人気が高い横浜は、冬になるとさらにムード満点に!2人で必見スポットを回りなが…

PAGE TOP