Event&Travel

【富士サファリパーク混雑予想】夏休みと7月・8月の土日が特にヤバい!

もう少しで夏休みシーズン到来の今回は、富士サファリパークの混雑予想についてまとめていきます。特に夏休みに入ってからと、7月・8月の土日がヒドい混み様です。それら混雑のピーク時に、少しでも混雑を避けるための情報もまとめていきます。

[スポンサーリンク]

  富士サファリパークの混雑予想と対処法

富士サファリパークの年間来場者数は年間100万人にものぼり、そのほとんどが夏休みやお盆・GWなどに集中するため大変混みます。
長時間の開門待ち・チケット売場までダッシュ・往復の道路渋滞などは、当たり前とされている7月・8月の土日・夏休み期間ですが、その混雑を緩和する方法もあります。
その一つが「開園時間が早い日の来場は避ける」ということ。サファリパーク側はその日毎の混雑予想を元に、毎回違った開園時間を設定しており、混雑することを見越して早く開園しているのです。
また日中の間回る予定の方は、「開園時間の1時間前には到着する」ようにしましょう。でないと車を駐車場に停める際、いい位置で駐車できずチケット売場で結局、長時間待つはめになってしまいます。
早めに入ってしまえば、ライオンとの撮影券やエサやり体験の整理券を入手できたり、人気エリアである「ふれあいゾーン」を思う存分回れておすすめですよ。

[スポンサーリンク]

  混雑を避けたいなら雨の日とナイトサファリが狙い目!

とにかく人ごみは嫌だ、という方におすすめなのが「雨の日に来場する」ということ。「雨の日」はふれあいゾーンの小動物達が屋内に入ってしまうため、それ目当てで来場する方がいない分、混雑が緩和されます。約3~4割減といった所です。
それじゃあ雨の日はあまり楽しめないんじゃないの?と思われますが、実は雨の日の方が涼しく、活発に動き回る動物たちを見ることができ、逆に楽しめます。
またバスや自家用車で見るので、濡れる心配も無し。動物たちの新しい生態に触れることができること間違いなしですよ!
もう一つおすすめなのが、夕方5時半以降から入場することができる「ナイトサファリ」。やはり夜ということで、昼間より人は確実に少なく、約2~3割減といったところ。
昼間は夏バテ状態の動物達も、夜はかなり活発!特にライオン・トラ・熊などへの餌やりはまさにスリル満点!お子さんや家族の一生の思い出となること間違いなしだと思います。
今年の夏は今回紹介した混雑回避法を活用し、ぜひ富士サファリパークへ足を運んでみてくださいね!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 高台寺ライトアップの混雑・待ち時間情報!秋・夏は混雑必須!
  2. ウルトラジャパンのチケット倍率は?転売・オークションから購入が確…
  3. 淀川花火大会の穴場[海老江・豊中・塚本]を地図で確認!~手作り花…
  4. チョップドサラダ専門店【東京・大阪】のおすすめ 『4選』を紹介!…
  5. ひらかたパーク プールの場所取り!パラソル・日陰エリアを図で解説…
  6. 【濃溝の滝】ハート型の水面が見られる時間帯・おすすめ観光時期とは…
  7. お台場イルミネーションデート!冬の鉄板プランはコレで決まり!
  8. 長岡花火2017のホテル予約・空室情報!屋上から見えるおすすめ宿…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP