Event&Travel

ひらかたパーク プールの場所取り!パラソル・日陰エリアを図で解説!

夏は多くの人で賑わう大阪の”ひらかたパーク”。ひらパーのプールで遊ぼうと思っている方で、少しでも快適に過ごしたい方は場所取りが重要となってきます。ぜひ日陰・パラソルエリアの場所を確保し、楽しく快適にプールを満喫して下さい。

[スポンサーリンク]

  【ひらかたパーク】プールの場所取り情報!

暑さが厳しい夏の時期や残暑がまだ残る9月・10月シーズンに、直射日光ガンガンの日向の所を場所取りしたら大変!たとえ日傘や濡れタオル、冷たい飲み物などがあったとしても、暑くて休憩所ではありません。
テントやパラソルがあれば、別に日向に場所を構えてもいいのですが、ひらかたパークはテント・パラソルの持ち込みが禁止されています(※その代わり、パラソルが設営されている箇所があります)。当日、熱中症や脱水症状にならないためにも確実に日陰を確保しておきたい所。
ぜひ日陰を確保したい!という方は、開園後すぐに入場できるよう開園40分前には並んでおく必要があります(夏シーズン【7/2~9/4】と秋シーズン【9/10~11/27】の開園時間は10時から)。開園30分前になると、一気に人が多く来場し、長蛇の列を形成するので来場時間には要注意です。
車でお越しの方は、南ゲート駐車場に車を停めましょう。他にも駐車場は東ゲート、正面ゲートにありますが、「南ゲート」がプールから一番近く、より早くプール入口に到着できます

[スポンサーリンク]

  【ひらかたパーク】日陰・パラソルエリアの解説(図付き)!

開園したら、着替えは後回しでまず場所取りを第一に優先しましょう。日陰エリア、及びパラソルエリアは以下の図の通りです。
ひらかたパーク エリア解説
入口から入ってすぐ左手の所(➂)にパラソル設置エリアがあります。死角となっている所にあるので、見逃さないよう注意が必要です。
➁は流れるプールの隣で第二のパラソルエリアとなっています。そしてはパラソルこそ設置されていないものの、木陰があり日陰エリアとなっています。レジャーシートを引くことで場所どり可能となっています。
3つのエリアの中でおすすめなのが、➀・➁のエリア。③でもいいのですが、場所が狭い上に入口付近ということで人の往来が多いです。当日は➀・➁エリア狙いで場所取りを行うことをおすすめします。
場所取りに失敗すると、図の青いエリアに場所を構えることになります。青のエリアは直射日光をモロに食らう形となり、人の往来も多くゆったり休憩することが難しい場所となっています。
場所取りはまさに争奪戦!プールの入り口までには階段や下り坂があり、結構な距離を走ることになるので駆け足で移動できるよう“ビーチサンダル”等を持参することをおすすめします。

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 鍋フェスの値段が高い?日比谷を始め大阪・名古屋で開催!
  2. 淀川花火大会の穴場[梅田スカイビル・福島日本ペイント]を地図で確…
  3. 東京の冷麺専門店!おすすめ人気店4選を紹介!
  4. 【としまえんプール】持ち込み・テント場所取り情報!~水と緑の遊園…
  5. 【鴨川シーワールド周辺】道の駅・海水浴情報!
  6. 【ジブリの大博覧会】カフェメニュー一覧!フードが11種類あり充実…
  7. 【長岡花火大会】右岸・左岸どちらがおすすめ?違いを徹底解説!
  8. 神宮花火大会の穴場【恵比寿・新宿高島屋】を徹底Check!外苑で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP