Diet&Exercise

臓器別ダイエットを“林修の今でしょ講座”で池谷敏郎が紹介!【胃・脳・腸・胆のう】に注目!

6月21日に放送される、“林修の今でしょ!講座”では、夏までに痩せたい!最新ダイエット法を知りたい方必見の回となっています。4つの臓器【胃・脳・腸・胆のう】に着目し、簡単に痩せることのできる『臓器別ダイエット』を、循環器系臓器の名医である“池谷敏郎先生”がレクチャーします。以下に紹介していきますので、ぜひ実践してみて下さい!

[スポンサーリンク]

  6月21日の放送内容まとめ

胃は“睡眠時間”が最も大切!
食欲増進ホルモン(グレリン)の分泌を以下に抑えるかがポイント。その“グレリン”を出しにくくする方法というのが“睡眠時間を7~8時間確保する”ということ。グレリンは睡眠時間が短いほど、多く分泌されます。実際に「睡眠7~9時間に比べ、睡眠4時間以下は“肥満率73%アップ”」という研究結果もあるほど、睡眠とダイエットは直結しているとのことです。
“脳”はリバウンドのスイッチを入れないこと!
リバウンドする原因は脳が“倹約モード”に切り替わっていること。体に貯めていたエネルギー源が少なくなると、脳が勝手に脂肪燃焼しなくてもいい体にしてしまいます。この「倹約モードON」の目安として、1ヶ月で体重の“5%”以上痩せると切り替わるそうです。そして倹約モードは、一度切り替わると1か月間程戻らなくなるとのこと。倹約モードがONになると、1日に必要なエネルギー量が減り、脂肪も燃焼されなくなります。もしこの期間に、今までの普通の食事に戻しただけで太ってしまう、これがリバウンドで前より太ってしまうメカニズムです。
以上から、ポイントは倹約モードのスイッチをいれさせないこと。そのためには、脳に満腹感を感じさせることが重要となってきます。その満腹感を感じさせる方法というのが、“ガムを食事の15分前に噛む”こと。そうすることで、ヒスタミンが分泌され満腹中枢を刺激してくれるそうです。
2つ目のポイントは“料理を載せる皿を小さくすること”。デルブーフ錯視を利用していて、見た目で脳が満足してしまい食べる量が自然と少なるそうです。
ポッコリお腹の原因は“腸”にあり!
ぽっこりお腹を防ぐ重要なポイントは、腸を包み込んでいる“くびれ筋”を鍛えること。くびれ筋は“腸腰筋”のことで、背骨と脚をつなぎ合わせている体の内側にある筋肉のこと。この筋肉が衰えると猫背になり、お腹が出てしまいますがしっかり鍛えると、内臓を包み込みくびれができます。この腸腰筋を鍛える簡単エクササイズは、食事の2時間後に“ゾンビ座り”をすればいいだけ。
ゾンビ座りのやり方(計3回行う)
1. 椅子に浅く座り足を肩幅くらいに広げる
2. 背筋を伸ばし手を前にあげる
3. 5秒かけて息を吐きつつ背中を丸める
4. 戻るときは5秒かけて息を吸いながら行う
胆汁を排出すれば脂肪燃焼アップ!
“胆汁”は脂肪燃焼効果を高めることが、医学的研究で明らかになっています。胆汁は細胞のミトコンドリアに脂肪を燃やしてエネルギーをつくる指令を出しています。胆汁の量は増やすことが出来ませんが、古い胆汁を捨て新しい胆汁を生成することで脂肪燃焼効果がアップすると言います。
そのためには便と一緒に胆汁を排出することが重要となってきます。水溶性食物繊維を摂取すると、胆汁排出効果が高まるそうです。そこでオススメしていた野菜が“らっきょう”。水溶性ということで、生で食べるのが一番といいます。オススメの食べ方が“らっきょうスムージー”作り方(1杯当たり)は、らっきょう3粒、りんご100g、レモン汁大さじ1、はちみつ大さじ1、お好みでミントを加え、水+氷100gでミキサーにかければOK!ぜひ試してみて下さいね。

[スポンサーリンク]

  池谷敏郎流“ゾンビ体操”と“朝ジュース”とは?

他にも池谷敏郎先生といったら、『駆け込みドクター』などで有名ですよね。以下には駆け込みドクターに出演した際に紹介していた、この夏使えるダイエット手法“ゾンビ体操”と“朝ジュース”についてもまとめていきます。
まずはゾンビ体操について、この体操で得られる効果は様々で
・全身のリラックス効果
・全身の血行の改善効果
・傷ついた血管の修復促進効果(動脈硬化の予防)
・循環器(主に心臓を中心とした血管系)疾患の予防効果
などで万能な健康体操です。肝心のゾンビ体操の“やり方”は以下の通りです。
1. 立った状態で肩の力を抜いてリラックス。
2. お腹に力を入れ、ドローイング(へこませる)。
3. その場で足踏みのジョギング。
4. 腕を自然にブラブラさせつつ、上半身を左右に軽くひねる。
上半身は力を抜いて、顔もリラックスして行うのがポイントで、1分間行ったら30秒程休憩をとります。1回につき(ゾンビ体操1分間+30秒休憩)×3セット行います。時間にして3分+休憩1分30秒のみでOKで、目安として1日3回行います。
1日これだけで、若返り効果が期待できるとのこと!本も出版されるほど話題の体操法なので、『臓器別ダイエット』と合わせてぜひ実践してみて下さい!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 確実に太ももを細くする方法・即効体操。“股関節の硬さ”をほぐすだ…
  2. 簡単な筋トレで美脚になる方法・エクササイズ。足指握り訓練法が効果…
  3. 糖質制限のメリット・デメリット。筋力低下、サルコペニアのリスクあ…
  4. ケトジェニックダイエットの方法とは?糖質制限に代わる新しい手法を…
  5. グリーンコーヒー・ミラクルスリムの評判と口コミ。購入時には注意が…
  6. 椿鬼奴・島田晴香がナイナイアンサーでダイエットに挑戦!ご飯もお肉…
  7. 女性・初心者のための体幹トレーニングメニュー!図解付きで詳しく紹…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP