Beauty&Health

貧血に良くない・NGな食べ物、飲み物一覧!過度なダイエットも危険!

日本の成人女性の実に20%は貧血の症状があると言われています。貧血の改善のため、鉄分が多く含まれている食事を心がけることは重要ですが、貧血に良くない・NGな食べ物、飲み物を極力避ける、ということも同じくらい大切です。今回は出来れば食べない方が良い、貧血を悪化させる食事を一覧でまとめていきます。

[スポンサーリンク]

  貧血に良くない・NGな食べ物、飲み物一覧!

健康に良くないと認知されているものから、「健康食品なのに貧血にはダメなの?」と驚かされるような食べ物・飲み物まで一挙に紹介していきます。
【緑茶・コーヒー・紅茶・赤ワイン】
緑茶やコーヒー等に含まれている、カテキンの主成分である「タンニン」が貧血に良くないとされています。というのも、タンニンには鉄分と結合する性質があり、水に溶けにくくするため吸収を阻害する働きがあります。
緑茶や赤ワインは近年の健康番組等で体に良く、毎日飲みましょうと推奨されていたり、朝のコーヒーが日課という方もいるかもしれません。
しかし、それらを多量に飲んだり、食事の前後に飲むのは貧血に悪影響をもたらします。どうしても飲みたい方は飲むタイミングと量に注意しましょう。

【ハム・ベーコン、カップラーメン】
ハムやベーコン等の加工食品や、カップラーメンといったインスタント食品に添加物として多く含まれている「リン酸カルシウム」には、鉄分の吸収を阻害する働きがあります。
スナック菓子やコンビニ食品にも多く含まれています。偏食で栄養が正しく摂取されていないと、たとえ鉄分が豊富に含まれている物を食べたとしても、うまく鉄分を吸収出来ない体となってしまいます。
なので、できるだけこのような食品の摂取は控えましょう。

[スポンサーリンク]

  玄米もNG?過度なダイエットは危険!

【玄米・豆腐・米ぬか】
日々の健康のために、玄米・豆腐・米ぬかなどは頻繁に摂取しているよ!という方がいるかもしれませんが、実は貧血にとっては良くありません。
これら食品に多く含まれている「フィチン酸」には、鉄分やカルシウム等のミネラル類と強く結びつき、不溶性の成分に変化することで腸からの吸収を妨げる働きがあります。
特にフィチン酸は、玄米の皮と胚芽の部分である外皮に多く含まれています。
貧血で主食を玄米としている方は、分づき米や胚芽米と混ぜて炊いてみたり、玄米を十分浸水させ、良く噛んで食事する等の工夫でフィチン酸の悪影響を抑えることが可能です。

貧血の症状はめまいや立ちくらみだけでなく、寒気や頭痛・眠気や抜け毛などの症状も表れ、とてもツラい病気です。
近年では、若い女性を中心に多く見られる貧血。その理由としては「過度なダイエット」が挙げられます。
特に女性の場合は、甘いものを食事の代わりにすることが多く、その場合材料となる乳製品や小麦粉、砂糖やフルーツには鉄がほとんど含まれていないため、鉄分不足になるケースが多くあります。
今回の記事を参考に、自身の貧血改善にぜひ役立ててください。

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. 食道がんの治療方法・選択~治療費と期間、薬の使用について~
  2. シェーグレン症候群の頭痛・関節痛について~原因と対処法~
  3. チョップドサラダ専門店【東京・大阪】のおすすめ 『4選』を紹介!…
  4. 歯のヤニ取りの方法~市販歯磨き粉では効果が不十分な理由~
  5. ピカ子の夏メイクで小椋久美子を大変身!ナイナイアンサーで披露!
  6. 肩こり解消運動・ストレッチに「体幹ツイストストレッチ」がおすすめ…
  7. コストコ ルイボスティーの作り方。飲み過ぎに要注意!
  8. 糖質制限のメリット・デメリット。筋力低下、サルコペニアのリスクあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP