Beauty&Health

コストコ ルイボスティーの作り方。飲み過ぎに要注意!

美容や健康に関心の高い女子なら、誰もが知っているルイボスティー。自宅で簡単に、お手頃価格で飲みたい!という方には、コストコのルイボスティーがおすすめです。そこで今回はコストコ・ルイボスティーの作り方と、飲み過ぎると表れる、副作用や健康面でのデメリットについてまとめていきます。

[スポンサーリンク]

  ルイボスティーの飲み過ぎに要注意!

ついつい美味しくて、買い始めの頃などは飲み過ぎてしまうこともありますよね。しかし、ルイボスティーの飲み過ぎは要注意。
飲み過ぎによってトイレが近くなったり、下痢になるといった副作用・健康面でのデメリットが表れることが確認されています。飲み過ぎは避け、1日2~3杯をコンスタンスに摂取していくことが推奨されています。
しかし、それ以上に健康にもたらす良い効能が大きいので、飲み過ぎにはあまり神経質になる必要はないと言えます。
コストコで販売されている、ルイボスティーについて紹介しますね。コストコのルイボスティーは、USDAでオーガニックの認証を受けた有機ルイボスの葉のみを使用していることで有名。
高い品質にも関わらず、100g・40パックが4箱セット(160回分)も入っていて値段は848円(税込み)とかなり良心的です。
ルイボスティーならコストコ!と決めている方も多いのではないでしょうか?

[スポンサーリンク]

  コストコ・ルイボスティーの作り方

肝心の作り方は、箱に書いてある方法だと沸騰したお湯をカップ1杯注いで、その中にルイボスティーのパックを入れて3分以上置いて飲むだけ。
そのままでの作り方でも十分おいしいのですが、少し手間を加えるだけでもっとおいしくいただけます!また、夏の間は水出しの方が好まれるので、それらの作り方をまとめていきます。
・やかんで煮出すとより高濃度!
火を使うため、より手間はかかってしまいますが有効成分がより抽出され、健康効果が一番期待できる方法です。
1.鍋に水とティーパックを入れて、強火で加熱
2.沸騰したら弱火にし、3~5分煮出す
3.十分煮出したら火を止め、適温になるまで冷やす
・電気ポットはお手軽で簡単!
1.電気ポットに水とティーパックを入れる
2.沸騰ボタンを押し、後は保温にして煮出せばOK
・夏は水出しボトル!
1.大きめのボトルにティーパックを入れた後に水を注ぐ
2.8時間程度、常温または冷蔵庫に入れて抽出
・ペットボトルでの作り方もおすすめ!
1.500mlペットボトルに軟水の天然水を400ml入れる
2.ペットボトルの口からティーパックを入れる(完全につからなくてもOK)
3.キャップを閉めて冷蔵庫へ(ティーパックを出す時は、敗れて中身が出ないよう注意)

一通り試してみて自分にベストな作り方を実践してみて下さい!

[スポンサーリンク]

関連記事

  1. シェーグレン症候群の寿命とリハビリ法。早期発見が快方への鍵!
  2. 【糖質制限の危険性】糖尿病の鳩山邦夫・死亡例から徹底解説!
  3. 癌への心構え・心の持ち方~心理の変化を図で解説~
  4. 首こり解消にタオルストレッチマッサージ!吐き気・自律神経の乱れ・…
  5. 肩こり解消運動・ストレッチに「体幹ツイストストレッチ」がおすすめ…
  6. チョップドサラダ専門店【東京・大阪】のおすすめ 『4選』を紹介!…
  7. 食道がんのリスク因子と症状~咳やゲップが初期症状になることも~
  8. 髪のUVケアに最適な商品を、あなたのお悩みに合わせて紹介!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP